VRML Viewer について
 VRML(Virtual Reality Modeling Language)は、コンピュータ上で3次元空間を表現することがきるプログラミング言語のひとつです。VRMLで作成した図形は、実際にぐるぐる回して観察することができるので、複雑な形状を把握するには、とても便利なツールだと思います。

 現在、VRMLには2種類のバージョン(VRML1.0とVRML2.0)があり、通常はVRML2.0(制定年からVRML97とも呼ばれる)のことを一般的にVRMLと表現する場合が多いようです。VRML2.0は、ISO(国際標準化機構)とIEC(国際電気技術標準機関)により国際標準として認可されています。

 VRMLの制定当初は、ブラウザでそのまま表示できる様々なプラグイン型のビューア(viewer)が提供されましたが、現在は、次世代の仕様としてVRMLが進化したXMLベースのX3Dに移行が進んでいることもあり、プラグイン型のビューアの数が極端に減って(セキュリティの面もあるようです)、単体で動作するX3D対応のビューアが提供されるようになってきています。現在、Windows環境で使えるプラグイン型のビューアは、Internet Explorer11で動作する「Cortona3D Viewer」のみになっています。

 VRML viewerには、様々なものがあります(たとえば、こちらを参照)。各々のビューアには、仕様やバージョンの違い、独自の拡張、サポートしているスクリプト言語の違いなど、機能に違いがあります。また、VRMLでは、モデルのレンダリングはビューア側が提供しているため、使用するビューアによって見え方が異なることもあります。本サイトに掲載している多面体は、「Cortona3D Viewer」で表示確認を行っています。

 以下は、私のPC環境(Windows)で表示確認を行った幾つかのVRML Viewerのリストで、モデルの表示状況などをコメントしています。これらのビューアの導入、インストール等については、サポートできかねますので、あくまでも自己責任でお願いします。

プラグイン型のVRML Viewer
Cortona3D viewer  検証バージョン:7.0
   ・本サイトに掲載している多面体は、Cortona3D viewerで表示確認を行っている。
 ・現在、IE11でのみプラグインとして動作する。
 ・ただし、2022年6月15日、デスクトップアプリとしてのIE11のサポートが終了。
 ・そのため、Win10などの環境でもIE11をアプリとして起動することができなくなる予定である。
 ・EdgeのIEモードで、引き続きプラグインとして使用することができるとの記述がある(未検証)。
 ・JavaScriptには対応している。
 ・同じ線が定義されている場合は、後から記述した線が表示される。
 ・星形多角形について、一筆書きの順番でも(自己交差しても)、面を定義できる独自の拡張機能がある。
  
単体で動作するVRML Viewer
RapidAuthor viewer   検証バージョン:14.0.1
   ・Cortona3D viewerを開発したParallelGraphics社が提供する、3Dコンテンツ等を表示するビューア。
 ・VRML2.0にも対応しており、Cortona3D viewerとほぼ同等な表示となる。
 ・本サイトに掲載している多面体は、基本的に問題なく表示される。
view3dschene  検証バージョン:4.0.0.
   ・本サイトに掲載している多面体は、基本的に問題なく表示される。
 ・Cortona3D viewerと比較すると、透過度による見え方が若干異なる(少し透過されやすい)。
 ・JavaScriptには対応していない。
 ・点の大きさや線の太さを変更できる独自の拡張機能がある。
 ・同じ線が定義されている場合は、先に記述した線が表示される。
Octaga Player  検証バージョン:5.0.8(free版)
   ・本サイトに掲載している多面体は、基本的に問題なく表示される。
 ・Cortona3D viewerと比較すると、透過度による見え方が異なる。
 ・JavaScriptには対応している。
 ・同じ線が定義されている場合は、後から記述した線が表示される。
 ・星形多角形について、一筆書きの順番でも(自己交差しても)、面を定義できる拡張機能がある
  (非凸多角形を定義する必要がある)。
freeWRL  検証バージョン:4.7.0
   ・本サイトに掲載している多面体は、ほとんどは問題なく表示される。
 ・ただし、透過度の設定がきちんと反映されない(面が透過されない)。
 ・Cortona3D viewerと比較すると、若干明るめに表示される。
 ・JavaScriptには部分対応。
 ・同じ線が定義されている場合は、後から記述した線が表示される。
  
ブラウザについて
Internet Explorer11(IE11)
   ・cortona3D viewerがプラグインとして動作するので、この組み合わせが最も使いやすい。
 ・多面体の一覧表のリンクをクリックすると、モデルが表示される。
 ・ただし、2022年6月15日、デスクトップアプリとしてのIE11のサポートが終了。
 ・そのため、Win10などの環境でもIE11をアプリとして起動することができなくなる予定である。
Firefox
   ・多面体の一覧表のリンクをクリックすると、拡張子wrlのファイルがダウンロードされる。
 ・wrlファイルが使用するビューアに関連付けられていると、そのビューアで表示することができる。
 ・関連付けがされていない場合でも、処理方法を選択して開くことができる。
 ・プライベートブラウジングを行うと、ダウンロードされたファイルは終了時に削除されるので便利。
Chrome
   ・多面体の一覧表のリンクをクリックすると、拡張子wrlのファイルがダウンロードされる。
 ・wrlファイルが使用するビューアに関連付けられていると、そのビューアで表示することができる。